プチ整形のメリットについて

  • ほうれい線には顔のストレッチを

    • ほうれい線があると老けた印象を与えてしまいます。年齢を重ねると共に肌の衰えが起こるのは当然のことですが、実年齢よりも大幅に老けてみられるのは避けたいところです。
      ほうれい線の要因として、加齢による潤い成分の不足が指摘されています。


      元々肌中に備わっているものですが、年を取ると産生が遅れてきて潤いが足りなくなっていきます。
      乾燥対策をしっかりと行って肌中の水分量を良い状態にキープできれば、シワやくすみはある程度改善されます。

      また、潤い成分が配合されている化粧品を毎日のケアで取り入れるだけでも効果はあります。


      浅いシワは毎日のお手入れで改善されることが多いのですが、少し深いシワになると化粧品のケアだけでは足りません。
      この場合は顔全体のたるみも大きく関係していますので、たるみを取り除く方法を考えなければなりません。


      たるみ対策として有効なのは、顔のストレッチを行うことです。
      たるみが表れるのは、顔の筋力が低下しているからです。
      顔の筋肉はあまり使われていないことが多いので、自然と下がってきてしまいます。
      ストレッチで筋力をつけることでハリが戻り、縦長になった毛穴も正常に戻ります。鼻の脇の筋力をつけることでほうれい線も改善されますので、毎日のお手入れの際に実践したいところです。

      夜寝る前の1日2〜3分のストレッチで、若々しい状態を維持することができます。


      慣れないうちは筋肉に負荷がかかっている感じがして大変ですが、継続すれば負担をあまり感じなくなります。


      鏡を覗きこむ度に憂鬱になってしまう鼻の横のシワ「ほうれい線」これに悩んでいない人はいないというくらい、女性には悩みの種と言える老化現象でしょう。


      これを解消する方法の一つはエクササイズですが、やりすぎると逆効果になってしまうこともありえるようです。放っておくとそのシワは深く刻まれてしまうのが厄介です。
      程よいエクササイズやスキンケア、肌に良い食事、睡眠などで対策をしっかりととれば少しでも軽減することが出来るでしょう。

      とりあえずはエクササイズです。

      口を大きくふくらませます。子供がふてくされて口に空気を入れているような感じをイメージしてみてください。
      その後かなりゆっくりと口の中の空気を抜いていきます。これを何度か繰り返してみましょう。

      いつでも気軽にできるのでほうれい線が伸びて改善する効果が期待できるかもしれません。
      次に、スキンケアです。
      ローズマリー軟膏というものを手作りしている人は近頃増えてきています。

      ローズマリーはハーブの中でも強い抗酸化作用を持っています。

      若返りのハーブと呼ばれているほどです。

      エリザベート王妃の「ハンガリー水」というエピソードがあります。


      エリザベート妃は70歳を過ぎても若い容姿を保っており、20代という年齢のポーランド王に求婚されたという話が有名です。
      ハンガリー水も良いのですが、特にシワによく効くのがローズマリー軟膏です。


      これはローズマリーのシワに効くエキスを抽出してワセリンに溶かしこんだもので、かなりの低コストで手作りできるのが魅力です。
      この軟膏の嬉しい所は既に出来てしまったシワにも有効という点です。これらの軟膏やエクササイズを利用してほうれい線を撃退していきましょう。

      高齢者の見守りの専門知識を身につけましょう。

      最近気になった医療系資格について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。



      福岡の有料老人ホームを知りたいならこちらです。

      福岡のサービス付き高齢者向け住宅について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

      https://allabout.co.jp/gm/gl/17952/

      https://m3q.jp/t/3759

      http://matome.naver.jp/odai/2135803017372356901

  • 関連リンク

    • 顔が小さいという事は、美人の条件の1つとなっています。ですので、小顔に憧れるという方も多いのではないでしょうか。...

    • 顔が老けて見える原因の一つとしてほうれい線が挙げられます。このほうれい線を目立たなくするためのエクササイズとして「ベロ回し体操」と呼ばれるものがあります。...