プチ整形のメリットについて

  • ほうれい線を目立なくするには

    • ほうれい線とは、顔の鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線で基本的にはほほの境界線であり、しわとは分類されるものですが見た目が気になります。

      特に加齢により目立つケースが多いです。



      しかし、加齢でなくても若い人の間でも目立つので若くてもフケ顔に見られるためなんとか目立ちにくくしたいという人が多いです。


      これを解消するのは、顔の運動を行うといいです。


      特にベロを歯の表面にそってぐるぐると回す運動を行えば、目立ちにくくなります。



      ほうれい線が目立つ人は、基本的に顔の表情の変化のない人に多く見られる傾向があります。普段の生活から顔の表情を豊かにし、喜怒哀楽を顔で表現できるようにするのも大事なことです。

      さらに普段から気をつけて欲しいのがスキンケアです。
      肌が乾燥するとほうれい線は目立ってきます。



      洗顔後やクレンジング後はしっかりと保湿するようにしましょう。

      最近の化粧品では、ほうれい線対策の化粧水や保湿クリームなども販売されているので使ってみるのもいいでしょう。さらに女性ホルモンのバランスにも大きく影響していますのでホルモンバランスを崩さないようするために、夜更かしなどをして寝不足になったりしないようにしてください。

      さらにストレスも女性ホルモンを狂わせる一因なので適度な運動をしてストレスを発散させることも重要です。

      しわが増えてきたうえにほうれい線まで出てくると実年齢より老けて見られますが、しっかり対策をとれば目立たなくなります。


      年齢を重なるたび気になる肌の悩みはほうれい線です。

      ほうれい線ができる主な原因は肌のたるみです。
      たるみが起こる仕組みは加齢や肌の乾燥によるものだけではありません。

      皮膚の乾燥はもちろんのこと紫外線やストレスも関係しています。

      これらの影響を受けることで皮膚の真皮層は変性し水分量が低下することでハリが失われたるみとして表われるのです。


      またあまり知られてはいませんが、肩こりがあるとほうれい線が目立ちやすくなります。

      老廃物がたまりからだの血流が悪くなっているためです。



      ほうれい線を解消するには普段の生活から心がけることが大切です。
      まずは寝相を見直してみましょう。


      横向きで寝ると重力や頭の重みで皮膚がひっぱれたるみが生じやすくなります。



      寝るときは肌への負担が少ない仰向け寝をおすすめします。



      また皮膚をひっぱる髪型であるポニーテールは極力避けましょう。化粧品をアンチエイジング効果の高いものにするのも良いですが、それよりももっと手軽に解消する方法があります。



      用意するのは医療用のサージカルテープです。


      このサージカルテープを気になる箇所に貼るだけです。このとき顔の中心から外側に向かって貼ります。
      ポイントとなるのはスキンケア後しばらく時間をおいてから使用することです。
      そうすることで寝ているときにはがれにくくなります。



      またサージカルテープはしわを伸ばすように貼り付けますが、はがすときのダメージも考慮してかるく貼ることを意識しましょう。


  • 関連リンク

    • 顔が小さいという事は、美人の条件の1つとなっています。ですので、小顔に憧れるという方も多いのではないでしょうか。...

    • 顔が老けて見える原因の一つとしてほうれい線が挙げられます。このほうれい線を目立たなくするためのエクササイズとして「ベロ回し体操」と呼ばれるものがあります。...